Cs' Ishihara / アナタを想う 幸せをおもう

ペット事業部お問合わせフリーダイアル 0120-377-412

トップ>リサイクル事業部>業務案内

リサイクル事業部メニュー

業務案内

リサイクル事業部の業務とは

シーズイシハラは、「効率の良い回収システムの構築と新たなリサイクルシステムの確立」というテーマに取り組み、全国屈指の紙のまち・富士市を中心として古紙のリサイクルシステムを推進し、大きく貢献してきました。 回収のための専用トラック20台以上、大型50t計量機を擁し、地域の製紙メーカーに安定供給する事業を展開。さらには廃プラスチックのリサイクルや、従来資源化しにくい難処理古紙等の扱いに取り組むなど、つねに、リサイクルシステムのさらなる可能性拡大にチャレンジし続けています。

収集・運搬

さまざまな企業や工場、店舗、官公庁、自治体などから排出される古紙(ダンボール、新聞、雑誌、シュレッダーなど)や廃棄物等を、専用車両にてお客様のところまでお引取りにうかがいます。お客様からのご要望にお答えすべく、様々なタイプの車両を保有しています。また、富士市の新聞販売店様(星野新聞堂・グリーンエコリサイクル)とタイアップして、そのお客様対象にご登録いただきました方のご自宅や事務所等に月に一度、新聞や他の古紙を専用車両にて回収に伺います。古紙を処分する手間が省け、お客様には大変ご好評をいただいています。

  • パッカー車
  • 大型パッカー車(天然ガス車)
  • 4tダンプ

配送

お客様からお引取りさせていただきました古紙や廃棄物等を、製紙会社やリサイクル会社へ専用車両にて搬入しています。搬入時には、関係法令を遵守し、飛散等が無いよう基本的には箱型のウイング車にて細心の注意をし運送しています。

  • 15tウイング
  • 8tウイング
  • 4tウイング

圧縮梱包

古紙や廃棄物等には様々な種類があります。その古紙や廃棄物等を、弊社工場内にて種類別に選別をして圧縮梱包をします。ロール状の物は、その大きさによって大型断裁機か小型断裁機に振分け、断裁後、圧縮梱包処理をします。異物や禁忌品の混入を未然に防ぎ、品質の維持及び向上に努めています。

  • 圧縮梱包機の全景
  • 圧縮梱包機の投入コンベア
  • 圧縮梱包処理後

破砕

古紙等の中には、ラミネート加工やコーティング加工などの紙や、製紙原料として製紙会社へ搬入できない難処理古紙があります。難処理古紙は、通常廃棄物としてサーマルリサイクル等で処理されるケースが多いのですが、弊社は自社工場内に設置してあります破砕機にて粗破砕し、動物用排泄物処理用材の原料として、マテリアルリサイクルしています。リサイクル会社にて製造されました動物用排泄物処理用材は、全国のホームセンターやドラックストア、専門店等で一般消費者に販売されています。限りある資源を余すことなく有効利用し、社会貢献に努めていきます。

  • 大型一軸破砕機
  • 大型四軸破砕機
  • 破砕処理後